前へ
次へ

不動産売却には仲介と売買があります

注文住宅や建売戸建て住宅などの、不動産売却を検討している人が少なくありません。両親が亡くなったので、実家が不要になったり、住宅ローンの支払いが滞っている場合は、不動産売却をしたい人が多いです。不動産売却には、仲介と売買の2種類があります。仲介をする場合は、不動産業者に飼い主を探してもらう方法です。不動産売却の仲介は、媒介と言われており、売却よりも高値で売ることが出来ます。数多くの専門業者が存在するので、口コミで評価の高い所を選ぶことが大事です。不動産売却の売買は、注文住宅や建売戸建て住宅を早く売りたい時に適している方法です。不動産業者に媒介するよりも、安くなることが多いですが、早く売りたい時に適しています。住宅が古かったり、リフォームをしないと買い手が付きにくい場合は、不動産売却の売買がお勧めです。不動産売却をする時は、必要書類や運転免許証などの身分証明書、固定資産税の納付書、家の権利証などが必要なので、確認をしておきましょう。

Page Top